南相馬・鹿島

津波耐えた一本松に別れ 復興の象徴

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東日本大震災の大津波に耐えた、福島県南相馬市鹿島区南右田の「かしまの一本松」が27日に伐採された。市民らが復興のシンボルとして保存活動を進めたものの、高潮の影響で立ち枯れが進んでいた。防災林の一角には、一本松の枝や種から育てた苗木が植えられる予定だ。

 一本松が立つ南右田地区は、津波で全70戸が流さ…

この記事は有料記事です。

残り86文字(全文236文字)

あわせて読みたい

ニュース特集