メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南相馬・鹿島

津波耐えた一本松に別れ 復興の象徴

「かしまの一本松」の伐採を控え、集まった地区住民ら=福島県南相馬市で2017年12月27日午前10時52分、喜屋武真之介撮影

 東日本大震災の大津波に耐えた、福島県南相馬市鹿島区南右田の「かしまの一本松」が27日に伐採された。市民らが復興のシンボルとして保存活動を進めたものの、高潮の影響で立ち枯れが進んでいた。防災林の一角には、一本松の枝や種から育てた苗木が植えられる予定だ。

伐採直前の「かしまの一本松」を囲み、「ありがとう」と声を合わせる地元住民ら=福島県南相馬市で2017年12月27日午前11時28分、喜屋武真之介撮影

 一本松が立つ南右田地区は、津波で全70戸が流され、住民の2割弱に当たる54人が犠牲になった。

切り倒された「かしまの一本松」=福島県南相馬市で2017年12月27日午前11時55分、小出洋平撮影

 市民らでつくる「かしまの一本松を守る会」のメンバーが保護活動を続けたが、海水による衰弱は止まらず、伐採が決まった。【高井瞳】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  2. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. 積水ハウス 土地詐欺被害 「社長案件」社内審査怠る 安価情報、取引焦る 「問題あり」複数指摘を無視
  5. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです