神戸製鋼不正

火力発電所「不適切な処理は確認されず」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

兵庫県と神戸市、建設計画の環境影響評価手続きデータを検証

 神戸製鋼所のデータ改ざん問題を受け、同社が神戸市灘区で進めている石炭火力発電所(130万キロワット)建設計画の環境影響評価手続きデータを検証していた兵庫県と神戸市は26日、「不適切な処理は確認されていない」と発表した。

 風向きなどの周辺環境、大気汚染物質や水…

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文357文字)

あわせて読みたい

注目の特集