メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

パンダのふんでティッシュ 1箱740円においなし

パンダのふんを利用して、商品化されたティッシュペーパー=開発した製紙会社提供

 【上海・林哲平】中国四川省の製紙会社と中国パンダ保護研究センターが協力し、ジャイアントパンダのふんを利用したティッシュペーパーを発売した。体内で消化されなかったササの繊維をいかした商品で、「パンダは国宝」とされる中国で話題になっている。

 同センターは世界的なパンダ繁殖・研究の中心地で、約270頭を飼育。東京・上野動物園で生まれた「シャンシャン」の父「リーリー」と母「シンシン」のふるさとでもある。

 地元メディアによると、同センターのパンダのふんや食べ残しのササから繊維を取り出し、洗浄したり蒸したりする工程を繰り返してティッシュペーパーやトイレットペーパーなどに加工。医療用酸素で消毒し、国の安全基準も達成した。

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文538文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  4. 具志堅会長のジム閉鎖へ 「情熱持って指導するには難しい年齢になった」

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです