メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国土地理院

登山道の修正作業 登山者のGPS活用

登山道修正のイメージ図。登山者が歩いた軌跡は緑色の点のように表示され、そのデータに基づいて正確な位置に道を記載する=国土地理院提供

 国土地理院(茨城県つくば市)は、登山者がスマートフォンや携帯型GPS(全地球測位システム)受信機で取得した移動経路の記録を活用し、古くなった「2万5000分の1地形図」など地形図の登山道の修正作業を始めた。地形図の修正に「ビッグデータ」を使うのは初めてで、大幅な省力化と、正確な作製が期待できる。

     地理院によると、地形図は空中写真や現地調査に基づいて作り、現在発行している全国各地の地形図は、昭和40年代までに作ったものが基礎になっている。その後、高速道の開通など変化に合わせて修正を重ねている。

     登山道については、新たにできたり、土砂災害で廃道になったりするほか、記載されている位置がそもそも間違っているケースもある。登山者が道に迷って遭難することが懸念されるが、山深い場所を全て現地調査するには負担が大きく、修正が難しかった。

     近年、登山者にはスマホやGPS受信機で移動ルートを記録し、ネット上に公開する人も少なくない。そこで地理院は、登山者が記録を登録するサイトを運営する「ヤマレコ」(長野県松本市)と「ヤマップ」(福岡市)の2社と今月12日に協定を締結。両社が蓄積している計約300万件のデータの一部を匿名化したうえで提供を受け、その軌跡を登山道の修正に利用する。

     来年の夏山シーズンに向けて、穂高岳(長野県、岐阜県)など登山者の多い山から取りかかり、順次拡大する。ヤマレコの的場一峰(かずみね)社長は「登山者が他の人の安全に貢献するといういいコミュニティーができるのではないか」と話す。【大場あい】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 傷害容疑 不必要に患者の歯削り損傷 歯科医師を逮捕
    2. アザラシ 「なぜこんな所に」秋田・能代の川
    3. 特集ワイド 拉致被害者家族、蓮池透さんに聞く 「最重要課題」一ミリも動かぬ安倍政権 政治家こそ「痛恨の極み」
    4. ロシア シベリアに大寒波 氷点下65度、死者も
    5. 聖カタリナ学園 女子ソフト部監督、セクハラ発言や体罰

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]