メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

裁判官ツイッター

不愉快な思い 遺族、処分求める

東京地裁・東京高裁=東京都千代田区で2015年1月、梅村直承撮影

 東京都江戸川区で2015年、高校3年の岩瀬加奈さん(当時17歳)が殺害された事件の遺族が26日、東京高裁の岡口基一(きいち)裁判官(51)が同事件の控訴審判決についてツイッターに載せた文面で不愉快な思いをしたとして、裁判官の厳重な処分を求める要望書を高裁に提出した。

 高裁は1日、強盗殺人罪などに問われた青木正裕被告(31)に対し1審に続いて無期懲役を言い渡した。

 岡口裁判官は同事件の担当ではなかったが、遺族らによると、15日夕、自身のツイッターで「首を絞められて苦しむ女性の姿に性的興奮を覚える性癖を持った男 そんな男に、無惨(むざん)にも殺されてしまった17歳の女性」と掲載。判決文を閲覧できるページへのリンク先も貼り付けていた。

 遺族は16日昼、岡口裁判官のツイートに対し「非常に不愉快です」と送信。数分後に岡口裁判官のツイートは消されたが、説明や謝罪はなかったという。

 高裁は取材に「事実関係を確認した上で適切に対処したい」と回答した。その上で、リンク先は裁判所の公式サイトだと説明。性犯罪に関わる判決文は載せないルールになっていたとして、高裁として遺族側の弁護士におわびしたという。

 岡口裁判官は取材に「(ツイートは)事件の本質がわかるような表現にした」と回答。遺族の抗議に対応していないことについては「抗議をされた方が本当に遺族の方なのかどうかわからなかったが、自分はクレームが付いたツイートは直ちに削除するようにしている」などと回答した。【石山絵歩】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. セクハラ防止 内閣府ポスター不評 深刻さ伝わる?
  3. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです