メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外愛媛文書 首相が否定「指摘の日会ったことない」
富岡八幡宮

初詣客離れを懸念 地元商店街に暗い影

宮司など3人が死亡する事件があった富岡八幡宮=東京都江東区で2017年12月8日、長谷川直亮撮影

 東京都江東区の富岡八幡宮で今月7日、宮司の富岡長子さん(58)らが、富岡さんの弟で元宮司の茂永容疑者(56)に殺傷された事件は、新年の「かき入れ時」を前にした地元商店街に暗い影を落としている。400年の歴史を誇る同神社は正月三が日だけで約15万人の初詣客が訪れるが、客離れが心配されている。

 「子供のお宮参りは富岡八幡宮で、と思っていたけど、亀戸天神に変えようかな」。年明けに出産を控える近くの女性(31)は、事件後も近くを通れば参拝しているというが、「初詣は、うーん……」と言葉を濁した。

 富岡八幡宮の門前町として発展してきた門前仲町。地元商店主によると、元日には、参道につながる歩道にま…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文795文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 大阪重機事故 てんかんで事故歴 勤務先管理者の立件検討
  3. 皇室 両陛下の肖像画が完成 即位後は初、等身大
  4. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  5. 高橋・狛江市長 セクハラ疑惑 市確認、本人は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]