メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

母の支え、全て力に 三重・朝明WTB、フィリピン出身トゥーリング選手

三重県予選決勝で、四日市工のタックルを振りほどきながら突進するトゥーリング・マーク選手(中央)=三重県鈴鹿市御薗町の三重交通Gスポーツの杜鈴鹿で、森田采花撮影

 第97回全国高校ラグビー大会に出場する朝明(あさけ)(三重県四日市市)のWTB、トゥーリング・マーク選手(2年)は、大会参加校の中でも珍しいフィリピン人。7年前に来日し、言葉の壁や食事に苦労したが、ラグビーと出合い、周囲の支えもあってチームに欠かせないトライゲッターに成長した。

 フィリピン・ブラカン州出身。出稼ぎで先に来日していた母メラニーさん(41)を訪ねた際の旅行で日本が気に入った。「清潔さと豊かな自然に驚いた。ここで勉強し働きたいと思った」

 10歳のころから母親の住む三重県川越町に来て弟と3人で暮らし始めた。

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文797文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. 警官訪問後、容疑者飛び降り死亡 盗撮容疑、自宅の20階から 警視庁

  3. 大阪・吉村知事がうがい薬の使用呼び掛け、メーカー株価急騰

  4. 原付きバイクで名古屋高速走行の疑い 「ウーバーイーツ」宅配中か、愛知県警が捜査

  5. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです