メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

根拠に基づく医療

 カズオ・イシグロ氏はノーベル文学賞の受賞会見で、世界に広がる社会の分断に懸念を示した。懸念は日本にも当てはまる。やじる群衆を一国の首相が「こんな人たち」と表現した例に象徴されるように、自分と異なる主張に対する不寛容が広がっている。

 子宮頸(けい)がん予防のHPVワクチンに関する議論も同様だ。接種後に痛みや運動障害が起きたとして、積極的な勧奨…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文430文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. 漫画喫茶殺人 フロア内追い回し刺す 名古屋
  3. 訃報 朝丘雪路さん82歳=女優、歌手、舞踊家で活躍
  4. 原爆投下時の映像 長崎きのこ雲の背後に黒煙 各地で空襲
  5. メディアのセクハラ被害 95% 1割弱「性行為強要」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]