インフルエンザ

県が注意報発令 昨季より2週早く /千葉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は27日、県内のインフルエンザの患者数が国で定める注意報を発令する基準を上回ったとして「インフルエンザ注意報」を発表した。肺炎などと合併して重症化するケースも多く、県は特に高齢者や乳幼児への注意を呼びかけている。

 県疾病対策課によると、県は指定した県内215の医療機関から毎週患者数の報告を受けて…

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文345文字)

あわせて読みたい

ニュース特集