模擬裁判体験

中学生12人、地裁で「介護殺人」想定 /千葉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
裁判官(右)の説明を聞きながら模擬裁判を進める中学生たち=千葉市中央区の千葉地裁で
裁判官(右)の説明を聞きながら模擬裁判を進める中学生たち=千葉市中央区の千葉地裁で

 中学生向け模擬裁判の体験会が27日、千葉市中央区の千葉地裁で開かれ、中学生12人が参加した。

 模擬裁判は「認知症を患う夫への介護疲れで、妻が夫の腹部を果物ナイフで刺した」という殺人事件を想定。地裁の法廷で、中学生が裁判官、検察官、弁護士役などを務め、証拠調べなど正式な裁判と同じ手順で進められた。評…

この記事は有料記事です。

残り103文字(全文253文字)

あわせて読みたい

ニュース特集