メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かながわ・キャンパる

横浜国立大・フェリス女学院大の放送研究会 ベイ2軍、舞台裏で支援 実況中継や音響を担当 /神奈川

音響の準備をする白石さん=横須賀スタジアムで

 2017年のシーズンで惜しくも日本一を逃したプロ野球・横浜DeNAベイスターズ。同球団のファームチーム(2軍)を舞台裏で支えるのが、横浜国立大学・フェリス女学院大学の放送研究会だ。1軍の本拠地・横浜スタジアムを目指してプレーする選手らを、ヒーローインタビューや登場曲で盛り上げている。(横浜国立大・井手千夏)

 両大学の放送研究会は、横須賀市に拠点を置くコミュニティー放送局「FMブルー湘南」で、ボランティアスタッフなどとして学生主体のラジオ番組を手がけている。その番組の一環として、ベイスターズのファーム戦で中継や音響などを担い始めたのが約20年前。ファームの試合は横須賀スタジアムなどで開催されるが、その実況中継や、勝利試合のヒーローインタビューまで学生が任されている。

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文1078文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 新型肺炎、中国の感染者がSARS上回る5974人 世界で6000人超に

  4. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  5. 新型肺炎 ウイルス培養に成功、ワクチン早期開発の可能性も 豪研究所

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです