メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

東海大翔洋が快勝 後半4トライ /静岡

後半、突進する東海大翔洋CTB稲名選手=東大阪市花園ラグビー場で、猪飼健史撮影

 大阪府の東大阪市花園ラグビー場で27日開幕した第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会など主催)で、県代表の東海大翔洋は1回戦で高松北(香川)に41-12で快勝した。2回戦は30日午後0時45分、シード校の佐賀工(佐賀)と対戦する。【竹田直人】

 東海大翔洋は前半6分、ラックからサイド攻撃に出たロックの瀧優太選手(3年)がトライを挙げて先制。17分には、BKの展開攻撃からCTB稲名海渡選手(3年)がトライ。守備でもFW陣が出足の速いタックルを連発し、試合を優位に進めるかとみられたが、風上に立つ高松北がキックを多用して陣地を稼ぐようになり、2連続トライを奪われて15-12にまで迫られた。

 嫌な空気は、後半から出場したエースのCTB望月裕貴選手(3年)が払いのけた。開始早々に相手ディフェンスを強行突破してトライすると、息を吹き返した翔洋フィフティーンは14、21、26分とトライを挙げ、快勝を収めた。

この記事は有料記事です。

残り994文字(全文1412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. 埼玉で新たに31人感染確認 新型コロナ

  4. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです