メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

開会式 防御に力、朝明「万全」 大分舞鶴ときょう初戦 /三重

入場行進する朝明の選手たち=東大阪市花園ラグビー場で、藤井達也撮影

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会など主催)が27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕した。開会式で、6年連続8回目出場の県代表、朝明の選手らは青色のユニホーム姿で堂々と行進し、芝の感触を確かめた。同校は1回戦から登場し、28日午前11時15分に大分舞鶴(大分)と対戦する。

 朝明の選手たちは2日の抽選会で初戦の相手が大分舞鶴に決まり、念入りに相手校の分析をしてきた。大分舞鶴は32年連続56回目の出場。1975年大会で優勝しており、準優勝も3度を数える。

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 後を絶たぬ大相撲パワハラ 中川部屋閉鎖へ 「厳しさのはき違え」の根にあるもの

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです