メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

1回戦 高松北、大舞台で善戦 東海大翔洋に初戦敗退 /香川

【東海大翔洋-高松北】前半、突進する高松北CTB牟礼選手=東大阪市花園ラグビー場で、猪飼健史撮影

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(日本ラグビーフットボール協会、毎日新聞社など主催)が27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕した。県代表で4大会連続12回目出場の高松北は、1回戦で5大会ぶり10回目出場の東海大翔洋(静岡)と対戦し、12-41で敗れた。悲願の「花園1勝」はかなわなかったが、3大会ぶりに全国大会でトライを挙げるなど善戦した。【後藤豪】

 高松北は0-15で迎えた前半21分、スクラムハーフの石原大暉選手(3年)が右隅へトライを決め、5点を返した。父の靖昌さん(54)は「今までは(チームが)浮足だっていたが、これで平常心を取り戻してほしい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文970文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  2. 大阪・吉村知事がうがい薬の使用呼び掛け、メーカー株価急騰

  3. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  4. 警官訪問後、容疑者飛び降り死亡 盗撮容疑、自宅の20階から 警視庁

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです