メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

慰安婦合意検証 韓国、修正の道模索 政策提言は避ける

 27日に発表された慰安婦問題に関する日韓合意検証作業部会の報告書は、朴槿恵(パククネ)政権が非公開にしてきた「裏合意」の存在を明らかにした。文在寅(ムンジェイン)政権は今後、韓国国民が同意していない「裏合意」の修正を日本政府に求める可能性がある。

 「報告書を土台に、被害者、関連団体、専門家の意見を謙虚に集約し、韓日関係に与える影響も勘案して、政府の立場を慎重に作り上げていきたい」。康京和(カンギョンファ)外相が27日午後、日韓合意の検証結果に関する記者会見で述べた発言からは、合意に反発する韓国世論と日韓関係との板挟みとなった苦渋がにじんだ。

 作業部会がまとめた報告書は、合意過程で元慰安婦や支援団体との意思疎通が不十分だったことを指摘しつつ…

この記事は有料記事です。

残り1812文字(全文2136文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 原田前環境相 処理水海洋放出再び主張 政府小委を批判 AbemaTVで

  5. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです