メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原寿雄さん死去

報道の「自律」訴え半世紀 提言を考える

=神奈川県茅ケ崎市の自宅で2008年3月、須賀川理撮影

 ジャーナリズムのあり方について半世紀以上発言を続けた元共同通信編集主幹の原寿雄さんが先月、92歳で亡くなった。「表現の自由は微妙できわめてもろいもの」と警告し、メディアが自らの責任を自覚して報道する「自律」の大切さを訴えた。報道現場はその言葉を受け止め、社会をよくするために活動しているだろうか。

 敗戦の前年に海軍経理学校に入り「人生は20年」と信じた原さん。戦後、記者になってから、ナショナリズムに左右されないため「国益」「愛国心」から距離を置く「国籍を超えたジャーナリズム」を提唱した。その一つが日本を「わが国」と呼ばないことだった。

 ジャーナリストの池上彰さん(67)は、NHK入局後しばらくして「わが国」を使わないと通達があったことを覚えている。「それまで疑問を持たなかった。目からうろこが落ちた。メディアは国籍から完全に離れることはできない。でも政府が間違ったらそう伝えなければならない。『反日』と批判されても、事実に迫りきちんと伝えることが、長い目で見れば国益なのだと信念を持って取材報道をすべきだ。記者には覚悟が求められてい…

この記事は有料記事です。

残り1367文字(全文1837文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  2. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  3. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  4. 時の在りか 「もう菅政権になっている」=伊藤智永

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです