選挙

名護市長選 公明、自民系候補推薦 沖縄県本部が決定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画が争点となる来年2月の名護市長選で、公明党県本部は27日、自民が推す元市議の渡具知武豊(とぐち・たけとよ)氏(56)を推薦することを決めた。28日に政策協定書に調印する。党本部と異なって辺野古移設に反対する公明党県本部は、前回は自主投票としていただけに、推薦の決定は選挙戦に影響を与えそうだ。

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文345文字)

あわせて読みたい