メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳のリスク

通販の「お試し」 実は高額な定期購入契約

 1回だけの「お試し」のつもりで健康食品や化(け)粧(しょう)品(ひん)を注文したら、定期購(こう)入(にゅう)の契(けい)約(やく)になっていたというトラブルが後を絶たない。

 「男性用化粧品セット 500円」。スマートフォンの通(つう)販(はん)サイトでこんな表示を見つけ、東京都内の男子高校生は、試してみようと注文ボタンをクリックした。届いた商品に同(どう)封(ふう)された振(ふり)込(こみ)用紙で代金を支(し)払(はら)うと、後日、再び同じ商品が届いた。驚(おどろ)いてサイトを確認すると、「4回の定期コース」と書かれていた。しかも2回目からは8000円。注文時はこれらの条件に全く気付かなかった。

 福(ふく)岡(おか)県(けん)の10代女性は、ダイエット効果をうたう青(あお)汁(じる)を「お試し…

この記事は有料記事です。

残り567文字(全文920文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 28年ぶり クロネコとシロネコを一新 ヤマトHD100周年で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです