メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

がん……家族を支える/上 患者の前で弱音・悩み言えず

がんの治療を受けた当時を振り返る青鹿さん(左)と神崎さんの夫婦。今月新しい家族を授かった=東京都練馬区で

 2人に1人がかかるとされるがん。死と結びつくイメージはまだ根強く、家族の不安やストレスも小さくないが、高齢化、少子化、共働き、離れて暮らすなど家族の形も昔と違う。患者を支える家族への支援を考えた。

 漫画家の青鹿ユウさん(37)は5年前、同業の夫、神崎裕也さん(41)から大腸がんになったと打ち明けられた。

 夫は当時、雑誌に漫画を連載中。「自分が支えなければ」と考えた青鹿さんが、服薬や健康管理に気を使いすぎて夫とトラブルになった。一方で自分の仕事は当面休むことにしたものの、キャリアへの不安も感じ、そんな自分に落ち込んだ。

この記事は有料記事です。

残り2019文字(全文2281文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 漫画「鬼滅の刃」が完結

  3. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  4. 北九州市、再び分散登校へ 市立小中5校で12人の児童生徒感染

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』スピンオフ短編、ジャンプに掲載へ 炎柱・煉獄の新たな物語

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです