特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

MGCと駅伝

上州路から目指す東京五輪/上 進むマラソンとの両立

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 駅伝日本一を争う「ニューイヤー駅伝 第62回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・群馬県共催)が来年元日、群馬県で開かれる。2020年東京五輪の3年前の今季からマラソン代表選考がスタート。選手たちはマラソンと駅伝のバランスをこれまで以上に考慮しながら上州路の決戦に挑む。【小林悠太、角田直哉】

 ニューイヤー駅伝の1カ月前の12月上旬に開かれる福岡国際マラソンの光景が変わった。例年は駅伝の調整のために敬遠する傾向があった実業団のトップ選手が多く集まった。日本陸連マラソン強化戦略プロジェクトの瀬古利彦リーダーは「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)シリーズを始めたおかげ」と胸を張る。

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1198文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集