メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わたしは思う

座間殺害事件 草の根から仲間作りを 東京大名誉教授・大田堯さん

 容疑者について「印象が薄い」という報道があった。彼が仲間内でも孤独だったことを物語っている。他者に対して自分を表現する機会が乏しかったのではないか。他者との関わりが十分でない状況に置かれ大人になりかねているのだと思う。

 他者でなく自我に依存して自分を表現するのが大人になることだとすると、日本社会全体が大人になれていないと言える。天皇の「臣民」だった国民は、天皇の命令に従っていた。戦後も国民の主権者意識は著しく低いままだ。また、高度経済成長期に人…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 「首相、今井、佐伯で決めていたやり方がらっと変わる」 キャリア官僚の本音 菅政権で沈む省庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです