募金

雫さんの心臓移植支援 目標の3億1000万円達成

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
目標額達成を発表し、支援への感謝の言葉を語る岡崎俊哉さん(右)と池井将代表=神奈川県横須賀市役所で
目標額達成を発表し、支援への感謝の言葉を語る岡崎俊哉さん(右)と池井将代表=神奈川県横須賀市役所で

 原因不明の心臓疾患「左室心筋緻密化障害」を患い、東京大医学部付属病院に入院している神奈川県横須賀市の小学2年、岡崎雫(しずく)さん(7)の米国での心臓移植支援のために募金活動を行っていた「しずくちゃんを救う会」は27日、横須賀市内で記者会見し、寄付金が26日時点で目標金額の3億1000万円に達したと発表した。

 救う会は、雫さんの両親とその友人らを中心に今年7月に結成。国内では臓器提供者(ドナー)が少ないため、米国での心臓移植を目指し、募金を開始した。市内を中心に150回近くの街頭募金で約1億6000万円を集めたほか、他団体からの余剰金の寄付、全国約700カ所に設置した募金箱の集計で目標を達成した。

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文622文字)

あわせて読みたい

注目の特集