体罰防止

指導ガイドライン、自治体が独自作成

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
独自のガイドライン作成を巡る各自治体の回答
独自のガイドライン作成を巡る各自治体の回答

 部活動での体罰を防ごうと、指導に関するガイドラインを自治体が独自に作成する動きが広がりつつある。毎日新聞の調査では、都道府県と政令市の計67自治体のうち32自治体が作成し、体罰防止の具体策を示していた。作成は義務ではないが、部活動での体罰で処分される教職員は後を絶たず、専門家は地域の実情に合わせた対応を取るよう求めている。

 2012年12月に大阪市立桜宮高校バスケットボール部で顧問(当時)からの体罰を苦に男子生徒が自殺した事件から今月で5年となるのを前に、毎日新聞は47都道府県と20政令市に、高校部活動での体罰に関するアンケートを実施した。

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文972文字)

あわせて読みたい

注目の特集