メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー交流会

生活困窮者や引きこもりも汗 月2回開催

夜に開かれるサッカー交流会。この日はコントロールしにくいラグビーボールで楽しんだ=大阪市北区で、金志尚撮影

 大阪市北区の扇町公園で毎月第2、第4土曜日の夜、生活困窮者や引きこもり経験者らによるサッカー交流会が開かれている。生きづらさを抱える人が緩やかにつながれる場にしようと、同市のNPO法人「ビッグイシュー基金」が開催。夜の公園の一角で、社会から孤立しがちな人たちが一緒に汗を流し、関わり合いを深めている。

 11月下旬。照明がともる扇町公園に運動着姿の人たちが集まってきた。サッカー交流会の参加者だ。基金スタッフやボランティアメンバーも含め、この日は十数人が午後6時から約2時間、ミニゲームなどを楽しんだ。

この記事は有料記事です。

残り735文字(全文986文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  2. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  3. 声優の水樹奈々さんが結婚 「奈々にちなんだ7月に」 お相手は音楽関係者

  4. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  5. 京都・祇園の舞妓2人が新型コロナ感染 感染経路不明、濃厚接触者20人は陰性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです