メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相撲協会

貴乃花親方の理事解任を決議

臨時理事会に臨む貴乃花親方(中央)=東京・両国国技館で2017年12月28日午前11時1分、長谷川直亮撮影

 大相撲の元横綱・日馬富士(33)による傷害事件で、日本相撲協会は28日午前、臨時理事会を開き、危機管理委員会(委員長=高野利雄・元名古屋高検検事長)の調査に非協力的だったなどとして被害者の貴ノ岩関(27)の師匠で協会理事の貴乃花親方(元横綱)の処分を検討した。関係者によると、貴乃花親方(元横綱)の理事解任を決議した。

 協会の現行の懲罰は、軽い順に、けん責▽報酬減額▽出場停止▽業務停止▽降格▽引退勧告▽懲戒解雇--の7種類と定められている。同日午後には、理事の解任権限を持つ最高議決機関の評議員会も行われ、事件の経過などが報告される。

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文648文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 広報動画は賛成誘導 担当局の課長発言

  2. 立憲、2人の重鎮に注目 小沢氏「思い切った政策を」 中村氏「野党連携に注力」

  3. はんこは害悪=不見識 山梨県知事、河野氏に苦言「押印と区別を」

  4. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  5. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです