メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相撲協会

貴乃花親方の理事解任を決議

臨時理事会に臨む貴乃花親方(中央)=東京・両国国技館で2017年12月28日午前11時1分、長谷川直亮撮影

 大相撲の元横綱・日馬富士(33)による傷害事件で、日本相撲協会は28日午前、臨時理事会を開き、危機管理委員会(委員長=高野利雄・元名古屋高検検事長)の調査に非協力的だったなどとして被害者の貴ノ岩関(27)の師匠で協会理事の貴乃花親方(元横綱)の処分を検討した。関係者によると、貴乃花親方(元横綱)の理事解任を決議した。

 協会の現行の懲罰は、軽い順に、けん責▽報酬減額▽出場停止▽業務停止▽降格▽引退勧告▽懲戒解雇--の7種類と定められている。同日午後には、理事の解任権限を持つ最高議決機関の評議員会も行われ、事件の経過などが報告される。

 協会が20日公表した調査報告によると、危機管理委は秋巡業中に起きた事件を、巡業部長の貴乃花親方が協会に一切、報告しなかったことを問題視。貴ノ岩関のけがを把握した直後か、10月29日に鳥取県警へ被害届を提出した後に「速やかに協会に報告すべきだった」と指摘した。

 また、貴乃花親方は11月30日の理事会で県警の捜査終了後に貴ノ岩関の聴取に協力すると約束。全会一致で、全協会員が結束して調査に協力すると決議もしたが、今月18日まで貴ノ岩関の聴取を拒否した。危機管理委は貴乃花親方の聴取後に「責任の有無、軽重などを評価すべきだ」とした。

 一方、貴乃花親方は20日の臨時理事会で「巡業部長としてしっかりやってきた」などとする文書を配布して自らの正当性を主張。協会関係者によると、25日に危機管理委の聴取を受けた際も自身に落ち度はない旨の説明をしたという。【飯山太郎】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交通安全標語 津軽弁「難しすぎる」ツイッターで話題に
  2. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  3. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
  4. アメフット 「相手のQBをつぶせ」前監督らが指示
  5. アメフット 会見詳報(2) 監督から「やらなきゃ意味ないよ」と言われた

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]