メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
消費者庁

「参考価格」が不当 アマゾンに再発防止命令 

景品表示法違反と認定されたアマゾンの商品販売画面。不当な「参考価格」と割引率が表示されている

景品表示法違反

 インターネット通販最大手「アマゾンジャパン」が、実際の販売価格より高い「参考価格」を根拠なく表示し、割引率を不当に大きくみせかけていたとして、消費者庁は27日、景品表示法違反(有利誤認)で再発防止命令を出した。

 アマゾンでは販売価格とは別に「参考価格」が表示される商品があり、割引率も記載される。参考価格は、メーカーの希望小売価格や広く小売業者に告知した価格とされるが、実際には出品者が任意に入力することもできる。

 消費者庁が違反認定したのは、2014年10月~今年7月に参考価格が表示されたクリアホルダー3種とブ…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文655文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スコール疑似体験 「めっちゃ降ってびっくり」 福岡市植物園 /福岡

  2. 明石商、準決勝前にグラウンドで汗 「良い状態保てている」中森はマッサージでケア

  3. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

  4. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです