メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#MeToo

「はあちゅうさんで『私も』」加速する動き

「私も」と被害訴える動きと、激しいバッシングも

 米国や欧州で広がるセクハラ告発キャンペーン「#MeToo」--。告発された著名人は社会的地位を追われ、被害者は「沈黙を破った人たち」として米タイム誌の「今年の人」表紙に選ばれるなど、社会現象となっている。日本でも今月、ブロガーで作家のはあちゅうさん(31)が電通社員時代に受けたセクハラ被害を名指しで告発。「私も」と被害を訴える動きが加速する一方、激しいバッシングも目立つ。「#MeToo」は日本社会を変えるのか。【塩田彩、田口雅士/生活報道部、中村かさね/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り3787文字(全文4053文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  3. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです