メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外井山、天元戦でタイトル防衛、7大タイトル通算43期で歴代単独1位
地下鉄サリン事件20年

「時間の壁」嘆く被害者 菊地被告無罪確定へ

 オウム真理教による1995年の東京都庁爆発物事件で殺人未遂ほう助罪に問われた元信者、菊地直子被告(46)に対し、最高裁第1小法廷(池上政幸裁判長)は25日付で検察側の上告を棄却する決定を出し、菊地元信者の無罪が確定することになった。これで継続中の裁判は地下鉄サリン事件などで殺人罪などに問われ、上告中の高橋克也被告(59)=1、2審は無期懲役=のみとなる。2011年に一度終わり、再開していたオウム裁判は再び終結に近づいた。【伊藤直孝、近松仁太郎、石山絵歩】

 「自分の行為が、何の落ち度も責任もない方に重い被害を与えることにつながってしまった。これからの人生…

この記事は有料記事です。

残り891文字(全文1171文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 寝屋川中1殺害、山田被告に死刑判決 大阪地裁
  5. ニッポンへの発言 キーワード 「高輪ゲートウェイ」化するニッポン=中森明夫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです