メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

【日川-城東】後半、混戦から日川CTB広瀬がタックルを引きずりながら突進する=東大阪市花園ラグビー場で2017年12月27日、貝塚太一撮影

全国高校ラグビー(27日)

 ○日川47-7城東●

 日川はバックスの走力で圧倒した。立ち上がりは城東に押し込まれたが、前半12分に自陣のラックからつなぎ、FB高谷が先制トライ。24分はWTB青野が右サイドを独走してトライを決めた。高校日本代表候補のSO飯沼のパス出しはタイミングが絶妙で、後半も4トライを重ねた。日川にとっては通算60勝目で、雨宮監督は「歴代の素晴らしい先輩たちが築いた財産」と感謝。Bシードの大阪桐蔭に挑む次戦に向け、飯沼は「前に出る防御で相手を苦しめたい」と奮闘を誓った。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま市議 「首つって死ね」委員会暴言、取り消し謝罪
  2. 平昌五輪 IOC対策に死角 OAR選手薬物陽性疑い報道
  3. ドーピング 禁止物質検出の斎藤慧コメント全文
  4. Features・平昌の主役たち Vol.13 スピードスケート女子団体追い抜き 高木菜那・高木美帆
  5. 五輪スノーボード 岩渕、彗星のごとく 女子最年少16歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]