メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー

YOSHIKIさん AIはライバルでなく友に

 音楽や絵画、小説といった芸術の分野でも、AIの進展は目覚ましい。

 大阪大などの研究グループは2017年1月、曲を聴いた人の脳波を計測し、その人の好みに合わせた曲を自動作曲するAIを開発した。ソニーコンピュータサイエンス研究所は、多様なジャンルの曲を学習したAIが「ビートルズ風」といった注文に沿って作った曲を発表。グーグルでも、AI自らが学習を繰り返すディープラーニング(深層学習)によって楽曲やアート作品を生み出すプロジェクトが進行している。公立はこだて未来大などのチームが取り組むのは、AIを使った小説執筆。16年3月には、人が考えたあらすじをAIが文章にした作品が文学賞の1次選考を通過したことが分かり、世間を驚かせた。

 AIが人を超える創造性を持つ可能性に、脅威を感じる人もいるかもしれない。創作の第一線で活躍する芸術家は、どう捉えているのだろうか。世界中にファンを持つロックバンド「X JAPAN」リーダーのYOSHIKIさんに聞いた。【聞き手・曹美河】

この記事は有料記事です。

残り2546文字(全文2979文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催「米国次第」 組織委理事の高橋治之氏が発言と米紙報道

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです