メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外アメフット 日大内田前監督ら会見で改めて指示を否定
7年目の被災地

待望の「千年橋」開通 釜石市中心部 「安全、安心に」願い込め /岩手

自ら名付けた「千年橋」の銘板を手に笑顔の大瀧結菜さんと野田武則市長=釜石市港町で

 釜石市港町の東部中心市街地と同市鈴子町の国道283号とを結ぶ市道「千年橋」の橋りょう新設工事が完了し27日、約200人が参加して開通式があった。市内の小中学生から募って名付けられた橋には「東日本大震災で被災した釜石が1000年後も安全、安心に発展してほしい」との願いが込められた。

 震災後、新日鉄住金釜石製鉄所の敷地だった中心市街地へイオンタウンが進出したことから、国道とを結ぶ橋の建設が待たれていた。長さ91メートルの橋は2013年度に…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文551文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. アメフット 井上コーチ「QBつぶせ、けがが目的でない」
  4. 台湾 「ダイソー」の輸入資格廃止 貿易法違反、罰金も
  5. 狛江市長 頭下げぬ謝罪会見「セクハラ認識ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]