メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 シェアハウスおおだて閉鎖 原発避難親子が宿泊 「感謝」惜しむ声続々 /秋田

子どもたちの保養の場として利用されてきた「シェアハウスおおだて すくすくの木」=大館市で2014年

 福島第1原発事故による高線量地域から自主避難した親子のための宿泊保養施設「シェアハウスおおだて すくすくの木」(大館市)が年内いっぱいで閉鎖されることが決まった。利用者減が大きな要因だが、利用者からは「大館の自然の豊かさや、人の温かさに癒やされた」と惜しむ声が上がっている。【田村彦志】

 放射性物質が含まれたがれきなどの受け入れに反対していた市民グループが中心となり、一般民家を借り受けて2012年7月にオープンした。運営は大館、鹿角両市の主婦らでつくる「1000人で支える子ども保養プロジェクト」が担っている。

 家賃や光熱費などの経費は一般からの寄付やバザーなどで得た収益で賄っていた。宿泊は食材を持ち込めば無…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文764文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

  4. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  5. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです