メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ムクドリ対策

静岡市、本格化へ 嫌がる音出す機器導入 来年度予算計上も /静岡

田辺市長(右)にムクドリ対策について予算化の要望をする自民党静岡市議団の議員たち=静岡市役所で

 静岡市は、市街地で野鳥のムクドリによるフン害や鳴き声が問題になっているため、これまでより一歩進んだ対策を講じる方向で検討に入った。早ければ来年度当初予算案に対策費を盛り込み、他自治体の取り組みを調べたり、ムクドリが嫌がる音をスピーカーから出す機器を導入する。

 「キュルキュル」「キーキー」

 市役所前から南西に向かって延びるケヤキの並木道「青葉シンボルロード」は、夕暮れ時になると、ムクドリの大群が現れ、空を覆い、鳴き声を響かせる。周囲の通りやベンチは、白いフンがべったりとついている。フンをかけられないようにと、市民は足早に近くを通り過ぎていく。

 ムクドリ被害を訴える声が市民から上がっていることを受け、市議会最大会派・自民党市議団のメンバーが2…

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文774文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです