インフルエンザ

「注意報レベル」に 県「予防の徹底を」 /静岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県疾病対策課は28日、インフルエンザの流行が「注意報レベル」になったと発表した。定点観測している県内139の医療機関で、18~24日の1地点当たりの患者数が13・99人となり、基準値(10人)を超えた。過去10年の同時期と比べて2番目に多い。

 同課によると、例年は1月以降に注意報レベルとなることが…

この記事は有料記事です。

残り165文字(全文315文字)

あわせて読みたい

注目の特集