メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

朝明、強力FWに屈す 大分舞鶴に7-57 3年ぶり初戦敗退 /三重

【大分舞鶴-朝明】前半、敵陣に攻め込む朝明CTB嘉田=東大阪市花園ラグビー場で、猪飼健史撮影

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)は28日、東大阪市花園ラグビー場で1回戦があり、6年連続8回目出場の県代表の朝明(四日市市)は大分舞鶴に7-57で敗れた。

 大分舞鶴の強力FWに押し込まれ、9トライを奪われた。後半にCTB梶島丈拳(3年)のトライで一矢報いたが、3年連続の初戦突破はならなかった。【森田采花】

 大分舞鶴は前半3分、ゴール前でモールを押し込み、朝明が故意に崩したため、ペナルティートライとなり、先制した。大分舞鶴は同15分にもモールを押し込んでトライ。強力FWで優位に試合を進め、前半だけで5トライを重ねた。

 朝明は後半11分、連続攻撃からCTB梶島が中央に持ち込み、1トライを返した。だが、その後も大分舞鶴に接点でボールを奪われるなど圧倒された。懸命のタックルも及ばず、50点の大差となった。

この記事は有料記事です。

残り640文字(全文1009文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  4. 大阪モデル黄信号 吉村知事「ピンポイントの戦略打つ」 「夜の街」対策を徹底 休校や施設休業は求めず

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです