インフルエンザ

流行 県内に「警報」 昨季比1カ月早く /広島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 インフルエンザの本格的な流行が県内で始まったとして、県健康対策課は28日、「インフルエンザ警報」を発令した。昨季より約1カ月早いという。

 同課によると、医療機関からの患者報告数が基準値を上回ったため発令。特に、東部保健所管内(三原市、尾道市、府中市、世羅町、神石高原町)では15医療機関で528人の…

この記事は有料記事です。

残り79文字(全文229文字)

あわせて読みたい

注目の特集