メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

現代日本と元号

 天皇陛下が2019(平成31)年4月30日に退位され、1989年1月8日に始まった「平成」が1万1070日で幕を閉じる。19年5月1日に皇太子さまが新天皇に即位され、新しい元号がスタートする。平成はどのような時代として私たちの記憶と歴史に刻まれることになるのか。また、21世紀の現代日本に元号という制度が持つ意味は何か。

この記事は有料記事です。

残り4458文字(全文4619文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コンサート 沢田研二さん本人が取りやめ 集客少なく不満
  2. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  3. 皇室 絢子さまが伊勢神宮参拝 母の久子さまと共に
  4. 渡辺復興相 代表務める自民支部に間接補助金の企業が寄付
  5. 立憲民主党 青山衆院議員が離党届 セクハラ被害の告発で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです