スピードスケート

平昌五輪代表選考会 エース対決は小平 女子1000

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
女子1000メートルで同走する、優勝した小平(右)と2位の高木美=手塚耕一郎撮影
女子1000メートルで同走する、優勝した小平(右)と2位の高木美=手塚耕一郎撮影

 スピードスケートの平昌五輪代表選考会第2日は28日、長野市のエムウェーブで男女1000メートル(ともに代表枠3)が行われ、女子はこの種目の世界記録保持者で、すでに代表入りが決まっている小平奈緒(相沢病院)が、高木美帆(日体大助手)の国内最高(日本選手による国内リンクでの最高)記録を0秒31更新する1分14秒58で優勝した。同走の高木美が1分14秒79で2位に入り、1500メートル、3000メートルに続く五輪代表を確実にした。3位は、前日に500メートルでの代表入りを確実にした郷亜里砂(イヨテツク)。

 男子は小田卓朗(開発計画研究所)が1分9秒24の国内最高記録で制した。500メートルで代表入りが確実の山中大地(電算)が2位に入った。

この記事は有料記事です。

残り1114文字(全文1435文字)

あわせて読みたい

注目の特集