メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山梨県警

飲酒運転事故件数ワースト1位記録 山岳遭難も

笛吹署に設置された「飲酒運転撲滅宣言」のボード=山梨県笛吹市で、井川諒太郎撮影

 山梨県内の飲酒運転事故件数が11月末までに全国ワースト1位となり、山岳遭難も過去最悪のペースで起きている。来年に向けた喫緊の課題となっていて、県警は「対策を強化していく」としている。【井川諒太郎】

 県警交通企画課によると、11月末までに発生した原付きバイク以上の運転者が事故の第一当事者の人身事故は51件(前年同期比8件増)。人口10万人当たりでは6.11件で全国ワースト1位となっている。8月から全国ワースト1位が続き、「12月も事故が続きワースト1位になる見通し」(警察関係者)という。

 各警察署では飲酒運転への意識を変えようと啓発に取り組んでいる。笛吹署は26日、「飲酒運転撲滅」と宣…

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文884文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. 年金質問箱 Q 厚生年金加入条件、会社によって違う?=回答者・年金問題研究会代表 秋津和人
  3. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  4. 年金質問箱 Q 働いて厚生年金加入 受給額いくら減るか=回答者・年金問題研究会代表 秋津和人
  5. 粗悪学術誌 投稿の准教授「査読素通り」 背景に教授圧力

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです