環境学習船

進水式 「うみのこ」正式命名 来年5月運航 /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新しい学習船「うみのこ」の進水式でくす玉を割って祝う青木洋・滋賀県教育長=大津市今堅田1の中谷造船琵琶湖工場で、北出昭撮影
新しい学習船「うみのこ」の進水式でくす玉を割って祝う青木洋・滋賀県教育長=大津市今堅田1の中谷造船琵琶湖工場で、北出昭撮影

 県の新環境学習船の命名進水式が28日、大津市今堅田1の中谷造船琵琶湖工場であり、旧船名と同じ「うみのこ」と正式に命名された。船体工事を約8割終え、今後、内装工事を進めて、来年5月に運航する。

 式には青木洋県教育長や造船関係者ら約20人が参列。平野修保・神田神社宮司による神事に続き、青木教育長が船と陸をつないでいる綱「支綱(しこう)」をおので切断…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文437文字)

あわせて読みたい

注目の特集