メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

百聞百見とくしま

2017年記者回顧/2 阿波踊り 対立なくし、議論の前進を /徳島

2017年10月、主催2者がそろう阿波おどり実行委員会に出席し、運営改善を求める遠藤彰良徳島市長=徳島市南出来島町2で、蒲原明佳撮影

 「徳島の人は阿波踊りの4日間のために361日を過ごす」と、徳島で働き始めて教わった。言葉通り、普段は静かな徳島の街に、今夏4日間は123万人が繰り出したという。この徳島市観光協会の阿波踊り事業会計で2016年度末までに積み上がった4億3600万円の累積赤字が、今年は注目を浴びた。市は、主催する2者に改善を呼びかけるが、議論は進んでいない。

 徳島市の阿波踊り(8月12~15日)は市観光協会と徳島新聞社が主催。会計は協会が担当し、市は、協会…

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文997文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです