メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

百聞百見とくしま

2017年記者回顧/2 阿波踊り 対立なくし、議論の前進を /徳島

2017年10月、主催2者がそろう阿波おどり実行委員会に出席し、運営改善を求める遠藤彰良徳島市長=徳島市南出来島町2で、蒲原明佳撮影

 「徳島の人は阿波踊りの4日間のために361日を過ごす」と、徳島で働き始めて教わった。言葉通り、普段は静かな徳島の街に、今夏4日間は123万人が繰り出したという。この徳島市観光協会の阿波踊り事業会計で2016年度末までに積み上がった4億3600万円の累積赤字が、今年は注目を浴びた。市は、主催する2者に改善を呼びかけるが、議論は進んでいない。

 徳島市の阿波踊り(8月12~15日)は市観光協会と徳島新聞社が主催。会計は協会が担当し、市は、協会…

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文997文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友 籠池と妻諄子の両被告が保釈 夜に記者会見の予定
  2. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見
  3. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  4. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  5. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]