メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食卓の一品

喜ぶ顔見たい 来月から林さん

 「食卓の一品」は来月から3カ月間、料理研究家の林幸子さんが担当します。林さんに抱負を聞きました。

  ◇

 「特別な材料ではなく旬のものを多用し、身近な料理になる一品を提案したい」と林さん。例えば冬場に安く出回る白菜や大根。家族が少ないと余らせてしまうのが悩みどころだ。「短いスパンで使い切れるよう、同じ野菜でも和洋中と展開し、飽きずに食べられるよう工夫したい」と話す。

 兵庫県尼崎市出身。大手食品会社勤務を経て独立し、テレビやラジオに出演、雑誌の企画など各方面で活躍している。著書も多数。東京・青山で料理教室「アトリエ・グー」を主宰し、「グー先生」の愛称で親しまれる。教室では料理の基本から、和洋中にエスニック、お酒のつまみ、ロールケーキなど幅広いジャンルを教えている。

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 無人駅、東京でも1割 障害者に支障 国、指針策定へ 国交省調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです