メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わたしは思う

座間殺害事件 危険察知能力の育成を 社会思想家、神戸女学院大名誉教授・内田樹さん

 事件の動機が分からない。既知のパターンに当てはめて説明することは難しいだろう。

 自分が手にかけた遺体が置かれている空間で、普段通り寝起きできるという人の感受性はかなり特殊なものだ。死体が出たら葬礼を営んで、生活空間から隔離するのは人間しかしない。だから、葬礼は人間が人間であるための重要な条件の一つだ。それをしないで済ませられる人間の登場は、社会の内部要因では説明できない。

 ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のせいだとか、家庭や教育や雇用の環境のせいだとかい…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 河井案里氏1.5億円にざわつく自民 下村氏「総裁か幹事長の判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです