メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
わたしは思う

座間殺害事件 危険察知能力の育成を 社会思想家、神戸女学院大名誉教授・内田樹さん

 事件の動機が分からない。既知のパターンに当てはめて説明することは難しいだろう。

 自分が手にかけた遺体が置かれている空間で、普段通り寝起きできるという人の感受性はかなり特殊なものだ。死体が出たら葬礼を営んで、生活空間から隔離するのは人間しかしない。だから、葬礼は人間が人間であるための重要な条件の一つだ。それをしないで済ませられる人間の登場は、社会の内部要因では説明できない。

 ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のせいだとか、家庭や教育や雇用の環境のせいだとかい…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文578文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

  2. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  3. 「ようこそ」韓国語で歓迎 北海道が観光需要回復に躍起

  4. 磯部温泉 安中市、「恋人の聖地」に 「結び処」を設置、カップル呼び込め /群馬

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです