メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学力格差

「貧困」小4から 「学習・生活習慣、身につかず」 日本財団が箕面で調査

 経済的に苦しく、生活保護などを受ける世帯の子どもは、そうでない世帯の子と比べて国語や算数の学力の平均偏差値が低くなる傾向があり、特に小学4年生ごろから学力の格差が広がるとの研究結果を日本財団がまとめた。大阪府箕面市の調査を基に分析した。

 日本財団は「基礎の応用が小4ごろから必要になる。貧困家庭の子は幼い頃から勉強や規則的な生活習慣を身につけにくく、学力格差の拡大を招いている」と指摘し、低学年への支援を訴える。

 箕面市の協力を得て2014年度から3年間、市内の小中学生を対象に市が実施した学力や生活状況の調査デ…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文561文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. 森友学園 籠池夫妻の保釈決定 補助金詐欺で大阪地裁
  3. 道交法違反容疑 交差点でこたつ、2人目を逮捕 京都府警
  4. 麻薬密輸容疑 静岡朝日テレビ社員を逮捕
  5. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]