メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旭山動物園

ヒョウ命名「とわ」と「みらい」に

命名式でアムールヒョウの双子の愛称を披露する坂東園長(左から2人目)と命名者の村本紫織さん(同3人目)ら=旭川市で2017年12月29日分、横田信行撮影

 北海道旭川市の旭山動物園は年内最後の開園日の29日、8月に生まれた絶滅危惧種アムールヒョウ2頭の命名式を行い、雄は「とわ(永遠)」、雌は「みらい(未来)」に決まったと発表した。

 公募で来園者から寄せられた案は287点。このうち2頭が長生きし、日本最北の動物園の人気が長く続くよう思いを込めた北見市の…

この記事は有料記事です。

残り125文字(全文275文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「エビ中」安本彩花さん、悪性リンパ腫治療で当面の間休養

  2. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  5. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです