旭山動物園

ヒョウ命名「とわ」と「みらい」に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
命名式でアムールヒョウの双子の愛称を披露する坂東園長(左から2人目)と命名者の村本紫織さん(同3人目)ら=旭川市で2017年12月29日分、横田信行撮影
命名式でアムールヒョウの双子の愛称を披露する坂東園長(左から2人目)と命名者の村本紫織さん(同3人目)ら=旭川市で2017年12月29日分、横田信行撮影

 北海道旭川市の旭山動物園は年内最後の開園日の29日、8月に生まれた絶滅危惧種アムールヒョウ2頭の命名式を行い、雄は「とわ(永遠)」、雌は「みらい(未来)」に決まったと発表した。

 公募で来園者から寄せられた案は287点。このうち2頭が長生きし、日本最北の動物園の人気が長く続くよう思いを込めた北見市の…

この記事は有料記事です。

残り125文字(全文275文字)

あわせて読みたい

注目の特集