メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三重の遊園地

名物の木製ジェットコースター、1月末終了

白く塗られた骨組みが構造的な美しさを漂わすホワイトサイクロン(手前)=2017年8月撮影、長島観光開発提供

 三重県桑名市の遊園地「ナガシマスパーランド」名物の木製ジェットコースター「ホワイトサイクロン」が来年1月28日限りで運行を終える。1994年3月に世界最大級の木製ジェットコースターとして誕生し、木製ならではの独特なきしみ音や横揺れで人気を集め、延べ約2200万人が乗車したが、新機種への切り替え時期を迎えた。

 2019年春には、木と鋼鉄を組み合わせた国内初となる新型のジェットコースターが誕生する。

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  4. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです