メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三重の遊園地

名物の木製ジェットコースター、1月末終了

白く塗られた骨組みが構造的な美しさを漂わすホワイトサイクロン(手前)=2017年8月撮影、長島観光開発提供

 三重県桑名市の遊園地「ナガシマスパーランド」名物の木製ジェットコースター「ホワイトサイクロン」が来年1月28日限りで運行を終える。1994年3月に世界最大級の木製ジェットコースターとして誕生し、木製ならではの独特なきしみ音や横揺れで人気を集め、延べ約2200万人が乗車したが、新機種への切り替え時期を迎えた。

 2019年春には、木と鋼鉄を組み合わせた国内初となる新型のジェットコースターが誕生する。

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

  2. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  3. ことば AYA世代

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです