メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園

値引き「裁量」重点捜査 国の背任容疑、判断へ

国有地のごみ撤去を巡る国と業者の協議録(2015年9月)。欄外に「こんなことでは工事できず」などの書き込みがあった

 学校法人「森友学園」への国有地売却を巡り、大阪地検特捜部の背任容疑での捜査が大詰めを迎えている。関係者の証言では、国が以前の工事で地中に大量のごみがあることを把握しながら撤去せず、学園にも伝えていなかったことが判明。ごみの存在に気付いた学園側が「瑕疵(かし)担保責任」を追及したことで大幅な値引きにつながった可能性があり、特捜部は年明け以降に財務省近畿財務局職員らについて起訴か不起訴かを判断する方針だ。

 ごみの存在が問題になったのは学園が2015年7~12月に実施した地下埋設物撤去工事。学園は当時、国…

この記事は有料記事です。

残り1024文字(全文1277文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. ジャカルタ・アジア大会 競泳 鈴木、日本金1号 青木玲は銀 女子100平
  4. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  5. 日大チア 監督「退部許さぬ」 女子部員「自殺考えた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです