メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2017歳末点描

神殿清めのすす払い 正月準備進む 豊前・大富神社 /福岡

すす払いをする清原宮司

 年明けを間近に迎え、約1万人の初詣客が訪れる豊前市四郎丸の大富神社(清原直嗣宮司)では、すす払いやおみくじといった縁起物を用意して正月の準備を進めている。大みそかの31日は、旗を飾ったり、のぼりを立てたりするなど最後の仕上げをする予定。

 地域の人が拝殿などに3本のしめ縄を飾り、門松も立てた。境内の…

この記事は有料記事です。

残り103文字(全文253文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです