メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

舞鶴、シード校の壁高く 愛知代表に5-38 最後まで諦めず /大分

【中部大春日丘-大分舞鶴】前半、タックルを受けながらも突進する大分舞鶴FW田中隼斗選手

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)の3日目の30日、東大阪市花園ラグビー場で県代表・大分舞鶴が2回戦で、Bシードの愛知代表・中部大春日丘に挑み、5-38で敗れた。シード校の壁は高かったが、最後までボールに食らついて諦めない選手の姿に、スタンドからは温かい拍手が送られた。【尾形有菜、数野智史】

 前半6分までに2トライを許し、ワンサイドゲームになりかけたが、踏みとどまった。徐々にボール支配率を高め、9分にこの試合初めてのマイボールでラインアウトを獲得。これを起点にじりじりと相手陣に攻め入り、ゴール前5メートルからモールで押し込むと、ボールをつかんだプロップの丸田晶大選手(3年)が右中間にトライを決めた。父隆安さん(54)は「大舞台でトライを決めてくれてうれしい。まだまだチームを引っ張って…

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文871文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲・中川部屋、師匠の暴力行為で閉鎖へ 行き過ぎた指導か

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  4. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  5. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです