メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

AIと生きる/1(その1) AIが面接官 就活学生「公平、細やか」

 テーブルの中央にスマートフォンが置かれている。「学生時代に最も力を入れたことは何ですか」。音声に合わせ、画面に質問が浮かぶ。手を膝の上で組んだ大学生が身をかがめながら近付く。「ゼミで地方創生の課題に取り組みました」

 「結果は?」「得られたことは何ですか」。答えによって追加の質問の内容は変わる。その判断は人工知能(AI)が担う。問いは100を超え、応答は1時間半に及んだ。

 今月半ば、東京や関西で開かれた「AI面接体験会」。就職情報会社エン・ジャパン(東京)が企画し、大学…

この記事は有料記事です。

残り1212文字(全文1449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  3. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  4. 青森・岩木山で初雪 昨年より13日早く

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです